忍者ブログ

ごいぶろぐ

ごいごいのバンド人生を振り返ってみたり 猫とじゃれてみたり奥さんに怒られてみたり・・・( ̄∇ ̄*)
03«  2018/04  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   »05
Admin | Write | Comment

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

70年代日本のロック1

僕のバンドのルーツはYMOとかフュージョンとか
70年代後半から80年代に始まり、今まで
色々なバンドを聞いてきたし、実際演奏もしてきた。
ただ、大人になるにつれ、懐古主義というか、
新しいものより古いものを聞くようになり、やりたいな~
という衝動にもかられた。
先に書いた「四人囃子」もそうであるけれど、やはり
僕の中では「はっぴいえんど」が一番大きな存在で
あると思う。
はっぴいえんどを知らない方に軽く紹介しておくと
メンバは以下のとおりである。

 ベース:細野晴臣
 g&vo:大瀧詠一
 ドラム:松本 隆
 g   :鈴木 茂

細野晴臣は知っている人も多いがYMOのリーダであり
小山田圭吾のおじさんという噂も聞く。

また、大瀧詠一は色々とありすぎて何が代表曲かという
のもあるが、「君は天然色」とか「A面で恋をして」は
見たことがあるだろう、「うなずきマーチ」や「銭金」で流れ
ている「びんぼう」も大瀧詠一の曲である・・・・

松本隆は私たちの年代では馴染み深いが
「木綿のハンカチーフ」や松田聖子はじめ昭和の歌謡界で
かなりの作詞を手がけていると思われる。

鈴木茂はどちらかというと、バックミュージシャンというか
時々今でも有名どころのミュージシャンの後ろで演奏して
るのを見かける。(この人はギターが好きなんだな~と思う)

そんな人たちが70年代の初め、まだ日本の音楽シーンが
ナツメロのような歌やGS等がメインであったころに日本語の
ロックを広めた人たちである。

今聞いても普通に聞こえるというか、今よりむしろ工夫が
かんじられる。
洗練されてはいないが、何も無いところから生み出したに
しては完成度が凄いと思うし、長い間バンドをやって来ている
僕でも演奏したいという気にさせるのは、やはり音楽自体に
飽きさせない工夫がされてるのであろう。

実は中学生の時YMOの横に「はっぴいえんど」のレコードも
売っていたが、その時はテクノしか興味が無かったので
気にもとめなかったが、今となっては、こういうバンドも
やってみたいと思うこのごろである。

PR

Comment

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

同世代?

by たかだーる | 2006/10/19 23:36 | EDIT
ごいごいさんとは、同世代なのですが、
何故か「はっぴいえんど」は聴いてなかったです。
でも大瀧大瀧詠一は好きですよ。
「さらばシベリア鉄道」とか。

俺も大学生ごろに

from ごいごい | 2006/10/20 19:40
中学の時にはラジオのYMO特集の裏で
細野晴臣がやってたバンドということで、
ちょっとやってたけど、あまり興味なかった。
大学の時、友達からカセット借りてダビング
してあったんだけど、社会人になってから
はっぴいえんどBOXみたいのが売られて
いたので、そこでまとめて買いました
大瀧詠一は、意外と知ってる曲を作ってるよね。
「夢で会えたら」「風立ちぬ」とか。
ナイアガラトライアングルvol2が聞きたいよ~
(レコードはあるんだけどね~)

Trackback

トラックバックURL:

最新コメント

[08/28 まだむきてぃ★かおり]
[08/24 たけ3世]
[04/01 お気楽ママ]
[03/22 お気楽ママ]
[02/27 お気楽ママ]

プロフィール

HN:
ごいごい
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1968/02/27
職業:
会社員
趣味:
ドラム
自己紹介:
B型 うお座です。
年がいっているような気がしますが気にしないでください。
奥さんと猫の「わびすけ」に囲まれて毎日のんびり暮らしております。

カテゴリー

アーカイブ

<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- ごいぶろぐ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]